コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絹緞 ケンドン

デジタル大辞泉の解説

けん‐どん【絹×緞】

絹紬(けんちゅう)の一種で、地が密で厚地のもの。服地こうもり傘の地などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんどん【絹緞】

柞蚕糸さくさんしを密に平織りにした絹織物。服地・こうもりがさなどに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の絹緞の言及

【絹紬】より

…原色は淡黄茶色で,漂白するとクリーム色になる。薄地の普通品を絹紬と呼び,地の厚めの上級品は絹緞(けんどん)と呼ばれる。中国の山東省,河南省や,遼寧省の安東が集産地で,中国では織放しのものを繭紬,精練したものを練紬と分ける。…

※「絹緞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

絹緞の関連キーワード絹織物絹紬

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android