絹紬(読み)けんちゅう

百科事典マイペディアの解説

絹紬【けんちゅう】

野蚕絹の柞蚕(さくさん)糸を用いて平織にした織物。ポンジーともいう。特有の光沢があり,淡黄色で,布面に節(ふし)が現れている。張りがあって丈夫なので裏地,夜具地などにする。中国山東省産が知られるが,日本でも長野県有明地方,岐阜県郡上(ぐじょう)八幡などで少量作られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんちゅう【絹紬】

柞蚕(さくさん)生糸を経緯糸に使用して織り,精練漂白後,生デンプンの糊付仕上げをしたもの。ポンジーpongeeとも呼ぶ。平織で大幅と小幅がある。原色は淡黄茶色で,漂白するとクリーム色になる。薄地の普通品を絹紬と呼び,地の厚めの上級品は絹緞(けんどん)と呼ばれる。中国の山東省,河南省や,遼寧省の安東が集産地で,中国では織放しのものを繭紬,精練したものを練紬と分ける。日中戦争以前は柞蚕生糸を満州および山東省から輸入して織り,国内向けと対米輸出が盛んに行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絹紬
けんちゅう

柞蚕糸(さくさんし)を使い、平織にした薄地の織物で、ポンジーpongeeともいう。中国の山東(さんとう)地方でとれる野生繭から引いた糸で、家蚕の繭から引いた生糸に比べて、光沢が少なく、また漂白がしにくいのが欠点であるが、屋外飼育で手数がかからず、比較的収量も多いので、よく使われた。
 日本では、もと中国から柞蚕糸を輸入していたが、いまは長野県松本市付近で飼育され、紬(つむぎ)糸にして織物の緯糸(よこいと)として使われるにすぎない。従来、ふとん裏地や兵児(へこ)帯に用いられたが、いまは素朴な味が好まれ、夏服地、着尺地に使われる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きぬ‐つむぎ【絹紬】

〘名〙 絹織物の一種。柞蚕(さくさん)紡糸または絹紡糸を原料として織ったつむぎ。福井県、岐阜県などで産する。
※浮世草子・西鶴織留(1694)五「此質屋も分限に成て身のむかしをわすれ、いつとなく絹紬(キヌツムギ)を不断着にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android