コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綏遠省 すいえんしょうSuí yuǎn shěng

世界大百科事典 第2版の解説

すいえんしょう【綏遠省 Suí yuǎn shěng】

中国の旧省名。1914年,内モンゴルの一部に綏遠特別区がおかれたのが最初で,28年,省に改められ,現在の内モンゴル自治区のウランチャプ(烏蘭察布)盟,伊克昭盟,バヤン・ノール(巴彦淖爾)盟東部とフフホト(呼和浩特)市,包頭(パナトー)市等を管轄した。省都は帰綏つまり現在のフフホト市である。54年廃止されて,内モンゴル自治区に編入された。いわゆるオルドス地方にあたり,庫布斉,毛烏素等の砂漠もあるが,陰山(大青山)山脈の南側には,黄河沿岸に広い谷地が開け,とくに五原県を中心とする後套地区は黄河の水を引いて灌漑農業を行う広大な農地が開発され,農業生産性が高く,傅作義(ふさくぎ)の率いる地方軍閥の強固な拠点となっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の綏遠省の言及

【帰化城】より

…1912年(民国1)庁を改めて県とし,ついで帰綏県と改められた。1929年からは綏遠省と称された。1937‐45年の抗日戦争の間,日本軍の占領下で厚和特別市と改名されたが,解放後の1954年本来の名称たるフフホト(呼和浩特)が復活した。…

※「綏遠省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

綏遠省の関連キーワードホフホト綏遠事件馬占山

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android