河野(読み)こうの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河野
こうの

福井県中央部,南越前町北西部の旧村域。若狭湾に面する。 1889年村制施行。 2005年南条町,今庄町と合体して南越前町となる。地名は江戸から明治にかけて北前船で栄えた河野浦にちなむ。海岸は断層海岸で,河野,甲楽城,糠の漁業集落で定置網漁が行なわれるほか,京都・伏見などの酒造業に従事する杜氏の出身地として有名。9割を丹生山地が占め,林業も行なわれる。海岸一帯は越前加賀海岸国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうの【河野】

姓氏の一。古代、伊予国越智氏を祖とする豪族。古代末、伊予国風早郡河野郷を本拠とし、水軍を率いて発展。南北朝以降は伊予の守護大名となる。秀吉の四国征伐に抗して滅ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河野
こうの

福井県中央部、南条郡にあった旧村名(河野村(むら))。現在は南越前(みなみえちぜん)町の北西部を占める一地区。2005年(平成17)南条(なんじょう)町、今庄(いまじょう)町と合併して南越前町となる。旧村域は、若狭(わかさ)湾の東岸に位置し、河野川が流れる。面積の90%以上を山林が占めている。越前断層海岸として有名な臨海地には、糠(ぬか)、甲楽城(かぶらき)、今泉(いまいずみ)、河野、大良(だいら)、大谷(おおたに)があり、名称は、北前船(きたまえぶね)交通で発達した河野に由来する。今泉は中世以降発達した越前海岸と武生(たけふ)(現、越前市)を結んでいた西街道の玄関口。海岸部は越前加賀海岸国定公園に含まれる。国道8号、305号、河野海岸道路が通じ、とくに後者の開通後は海水浴の宿泊施設として民宿が増加している。[木下昭三]
『『河野村誌』4巻(1980~1984・河野村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河野の関連情報