コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野 こうの

5件 の用語解説(河野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河野
こうの

福井県中央部,南越前町北西部の旧村域。若狭湾に面する。 1889年村制施行。 2005年南条町,今庄町と合体して南越前町となる。地名は江戸から明治にかけて北前船で栄えた河野浦にちなむ。海岸は断層海岸で,河野,甲楽城,糠の漁業集落で定置網漁が行なわれるほか,京都・伏見などの酒造業に従事する杜氏の出身地として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

河野(こうの)

福井県南条郡南越前町にある道の駅。国道8号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうの【河野】

姓氏の一。古代、伊予国越智氏を祖とする豪族。古代末、伊予国風早郡河野郷を本拠とし、水軍を率いて発展。南北朝以降は伊予の守護大名となる。秀吉の四国征伐に抗して滅ぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河野
こうの

福井県中央部、南条郡にあった旧村名(河野村(むら))。現在は南越前(みなみえちぜん)町の北西部を占める一地区。2005年(平成17)南条(なんじょう)町、今庄(いまじょう)町と合併して南越前町となる。旧村域は、若狭(わかさ)湾の東岸に位置し、河野川が流れる。面積の90%以上を山林が占めている。越前断層海岸として有名な臨海地には、糠(ぬか)、甲楽城(かぶらき)、今泉(いまいずみ)、河野、大良(だいら)、大谷(おおたに)があり、名称は、北前船(きたまえぶね)交通で発達した河野に由来する。今泉は中世以降発達した越前海岸と武生(たけふ)(現、越前市)を結んでいた西街道の玄関口。海岸部は越前加賀海岸国定公園に含まれる。国道8号、305号、河野海岸道路が通じ、とくに後者の開通後は海水浴の宿泊施設として民宿が増加している。[木下昭三]
『『河野村誌』4巻(1980~1984・河野村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河野の関連キーワード福井県南条郡南越前町阿久和福井県南条郡南越前町板取福井県南条郡南越前町大谷福井県南条郡南越前町河野福井県南条郡南越前町嶋福井県南条郡南越前町瀬戸福井県南条郡南越前町糠福井県南条郡南越前町燧福井県南条郡南越前町古木福井県南条郡南越前町牧谷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河野の関連情報