網の目(読み)アミノメ

デジタル大辞泉「網の目」の解説

あみ‐の‐め【網の目】

網の糸と糸とのすきまの部分。あみめ。
網のように編まれた模様や形。「網の目タイツ
細かく張り巡らされているもののたとえ。「網の目のように運河が広がる」「電線網の目のように張り巡らす」「捜査網の目をかいくぐる」「網の目のような電脳空間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android