網の目(読み)アミノメ

デジタル大辞泉の解説

あみ‐の‐め【網の目】

網の糸と糸とのすきまの部分。あみめ。
網のように編まれた模様や形。「網の目のタイツ」
細かく張り巡らされているもののたとえ。「網の目のように運河が広がる」「電線を網の目のように張り巡らす」「捜査の網の目をかいくぐる」「網の目のような電脳空間」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あみのめ【網の目】

網を編んでいる糸と糸とのすき間。あみめ。 「小魚を逃がすために-を粗くしてある」
細かく密に張りめぐらされているもののたとえ。 「道路が-のように走っている」
[句項目] 網の目を潜る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網の目の関連情報