コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網入りガラス あみいりガラス

3件 の用語解説(網入りガラスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あみいりガラス【網入りガラス】

格子・亀甲きつこう・縞状の金網を封じ込んだ板ガラス。破損しても破片が散乱しにくく、防火用ガラスなどに使用される。ワイヤ-グラス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

網入りガラス

金網や金属線を中にはさみ込んだ板ガラスをいう。ガラスが割れた時に破片が飛び散らないことから、防火上および防犯上有効とされている。防火上で網入りガラスを有効とする扱いは日本だけで、北欧ではガラスと金網の熱膨張率の違いで、気候の変化で割れやすいと指摘されている。「ワイヤーガラス」ともいう。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あみいりガラス【網入りガラス wire glass】

耐衝撃性あるいは防火性を高めるために,金属製の網あるいは線をはさみ込んだ板ガラス。ガラス自体は普通の板ガラスと同じ組成のもので,ロール法(〈板ガラス〉の項参照)で作られる。金属には,ガラスと熱膨張率をあわせた鉄合金ステンレス系が使用される。表面に模様を付けた型板ガラスのほか,両面を研磨した磨き板ガラスのものがある。厚さは6.8~10mmである。【安井 至】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

網入りガラスの関連キーワードDCT活性化剤機械化紙価を高める高める防火線透かしブロック中性アミノ酸尿パートコートウエートベスト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

網入りガラスの関連情報