コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱膨張率 ネツボウチョウリツ

デジタル大辞泉の解説

ねつぼうちょう‐りつ〔ネツバウチヤウ‐〕【熱膨張率】

膨張率

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱膨張率【ねつぼうちょうりつ】

膨張率とも。圧力一定のもとでの物体の熱膨張の温度に対する割合。物体の単位体積当りの温度1℃上昇による膨張量を体膨張率,固体の単位長さの温度1℃上昇による延びを線膨張率という。
→関連項目耐熱ガラス膨張係数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の熱膨張率の言及

【熱膨張】より

…同じ物質でも体膨張率は一般に温度,圧力によって変化する。熱膨張率,あるいは単に膨張率といったときにはこの体膨張率を指すことが多いが,固体では,1K上げたときの長さの変化の割合である線膨張率α=⊿l/lのほうがよく使われる。なお,温度がt℃のときの体積を0℃の体積V0を使って,VV0(1+α′t)と近似的に表したときの係数α′を体膨張率ということもある。…

※「熱膨張率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

熱膨張率の関連キーワードグリューンアイゼン‐アンダーソンパラメータアモントンの法則(ゲイリュサックの法則)ハリソン(John Harrison)ホウケイ(硼珪)酸ガラスゲイ・リュサックの法則グリューンアイゼン定数ゲイ=リュサックの法則ウラン(放射性元素)鉄筋コンクリートアルコール温度計チタン(元素)熱力学第三法則網入板ガラス網入りガラス繊維強化金属ニッケル合金ジルコニウムスポーリング傾斜機能材料うわぐすり