熱膨張率(読み)ネツボウチョウリツ

百科事典マイペディアの解説

熱膨張率【ねつぼうちょうりつ】

膨張率とも。圧力一定のもとでの物体の熱膨張の温度に対する割合。物体の単位体積当りの温度1℃上昇による膨張量を体膨張率,固体の単位長さの温度1℃上昇による延びを線膨張率という。等方性の固体では体膨張率は線膨張率のほぼ3倍。容器内の液体の見掛けの膨張率は液体自身の体膨張率と容器材料の体膨張率との差。
→関連項目耐熱ガラス膨張係数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の熱膨張率の言及

【熱膨張】より

…同じ物質でも体膨張率は一般に温度,圧力によって変化する。熱膨張率,あるいは単に膨張率といったときにはこの体膨張率を指すことが多いが,固体では,1K上げたときの長さの変化の割合である線膨張率α=⊿l/lのほうがよく使われる。なお,温度がt℃のときの体積を0℃の体積V0を使って,VV0(1+α′t)と近似的に表したときの係数α′を体膨張率ということもある。…

※「熱膨張率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android