綿野 吉二(読み)ワタノ キチジ

20世紀日本人名事典「綿野 吉二」の解説

綿野 吉二
ワタノ キチジ

明治〜昭和期の陶業家(九谷焼) 日魯実業会社社長。



生年
万延1年(1860年)

没年
昭和9(1934)年1月

出生地
加賀国能美郡寺井村(石川県)

経歴
加賀・寺井の綿屋源右衛門の長男に生まれる。海外貿易を志し、明治9年神戸に支店を開き、13年横浜本町に移り、大正12年の関東大震災まで約50年を通じ、九谷焼輸出を続けた。この間、フランスへの直輸出、華南方面への出張、米仏博覧会への渡航などのほか、欧米への販路拡大に努める。一方、日魯実業会社社長となり、その他の会社の重職にも当たった。また石川県寺井の本邸に錦窯を築いて特製品に絵付けするほか、明治34年邸内にフランス式本窯を設けて、大正6年まで外国向け、主に欧州向けの製品を作らせた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android