総合土地対策要綱(読み)そうごうとちたいさくようこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合土地対策要綱
そうごうとちたいさくようこう

新行革審が内閣総理大臣に提出した「地価等土地対策に関する答申」に沿って,政府が 1988年6月閣議決定したもの。内容は,基本的認識事項として土地五原則をあげ,具体策として,都市・産業機能等の分散,宅地対策・住宅対策などの推進,土地利用計画の広域性・詳細性の確保,地価形成の適正化,土地税制活用,国公有地の活用などを提言,中・長期的な土地対策を網羅したものとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android