答申(読み)とうしん

精選版 日本国語大辞典「答申」の解説

とう‐しん タフ‥【答申】

〘名〙
上司の問いに対して、意見を申し述べること。また、諮問機関から行政官庁に対して意見を述べること。
郵便報知新聞‐明治二五年(1892)五月五日「寧ろ制服を廃止する方然らんとのを答申したるにて」
旧憲法もとで一時行なわれた刑事裁判の陪審手続において、陪審員が犯罪構成事実の有無に関する裁判長の問に対して、評議結論書面で申し述べること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「答申」の解説

とう‐しん〔タフ‐〕【答申】

[名](スル)上司の問いに対して、意見を申し述べること。特に諮問機関が、諮問を受けた事項について行政官庁に意見を具申すること。「審議会が答申する」
[類語]建議献策上申献言進言具申建白建言申し立てる物申す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android