コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地五原則 とちごげんそく

1件 の用語解説(土地五原則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地五原則
とちごげんそく

1988年6月に新行革審が提出した「地価等土地対策に関する答申」の中で打ち出されたもので,土地についての5つの基本的考え方。その内容は,(1) 土地の所有には利用の責務が伴うこと,(2) 土地の利用に当たっては,公共の福祉が優先すること,(3) 土地の利用は計画的に行なわれなければならないこと,(4) 開発利益はその一部を還元し,社会的公平を確保すべきこと,(5) 土地の利用と受益に応じて,社会的負担は公平に負うべきであること,であり,これらの原則は国民的共通認識として確立されるべきだとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土地五原則の関連キーワード権利請願行革審行革三問状閣法三答状地価LOOKレポート行革甲子園長崎県佐世保市新行江町Due

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone