コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合安全保障 そうごうあんぜんほしょうComprehensive Security

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合安全保障
そうごうあんぜんほしょう
Comprehensive Security

国家の安全保障軍事力によってのみはかられるのではなく,外交努力や対外経済協力によって総合的に達成するものとした構想。 1978年に日本の安全保障政策概念として大平首相によって提唱され,その後同首相の委嘱を受けた民間有識者による総合安全保障グループが概念の具体化をはかった。当時,経済力が相対的に低下していたアメリカからの圧力により日本は防衛努力の増大を迫られたが,日本では長く安全保障論議がタブー視されてきたため,軍事力の整備・増大については国内世論に対して新たな安全保障概念を提示する必要があった。こうした事態に呼応して出されたのが同構想である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうごうあんぜんほしょう【総合安全保障】

非軍事的側面をも含めて国家の安全保障を総合的にとらえようとする考え方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

総合安全保障の関連キーワード国際開発協力に関する決議大平正芳内閣佐伯 喜一防衛大学校考え方国家側面

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android