コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑簾石角閃岩相 りょくれんせきかくせんがんそう epidote-amphibolite facies

1件 の用語解説(緑簾石角閃岩相の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

緑簾石角閃岩相

この相は中程度の圧力および温度の条件で形成された変成相で,角閃石─曹長石─緑簾石の鉱物組合せが特徴[Eskola : 1920, 1939].ターナーはこの相を緑色片岩相の高温度の亜相に含め,石英曹長石緑簾石アルマンダイン亜相とした[Turner & Verhoogen : 1960].ターナーは曹長石の存在を重要視して低い変成度を示すものとした.後にファイフとターナーは亜相をやめて元の相に戻した[Fyfe & Turner : 1966].この相はエスコラが1939年に追加したもので,塩基性岩石の場合にはアクチノ閃石でない角閃石を含むのが特徴である[Eskola : 1939].斜長石はAn成分に富み,オリゴクレースからアンデシンの成分となる.ランベルグは緑色片岩相では斜長石の成分はAn10%くらいであり,緑簾石角閃岩相角閃岩相の境はAn30%くらいと考えたが,これには問題がある[Ramberg : 1952].ターナーは緑色片岩相では曹長石が本質的であると考えており,緑簾石角閃岩相を遷移的で狭い温度範囲のものと考え,独立した変成相とは考えていない[Turner : 1981].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑簾石角閃岩相の関連キーワード転移点温度差中破臨界圧力中辛高温短時間殺菌法エピ変成作用超高圧変成作用中圧型系列エピ帯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone