コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線溶現象 せんようげんしょうfibrinolysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

線溶現象
せんようげんしょう
fibrinolysis

フィブリン (線維素) 溶解現象のこと。血液凝固作用によって生じた不溶性線維 (血管内の血栓など) が,プラスミンによって可溶性のフィブリノペプチドに分解される現象をいう。クモ膜下出血後7~10日をピークとして,この線溶現象の亢進がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

線溶現象の関連キーワードフィブリン抗線溶剤

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android