緩和スペクトル(読み)カンワスペクトル

化学辞典 第2版「緩和スペクトル」の解説

緩和スペクトル
カンワスペクトル
relaxation spectrum

応力緩和における緩和弾性率の単調減少部分を表す緩和関数G(t)[G(0) = 有限,G(∞) = 0]を次のラプラス型変換で書いたとき,H(τ)を緩和スペクトルという.

マクスウェル模型並列に組み合わせた一般化マクスウェル模型でいえば,H(τ)は緩和時間が

ln τとln τ + d(ln τ)
の間に入るマクスウェル模型の弾性率の和を表す.緩和スペクトルは粘弾性体の緩和挙動を表すもっとも基本的な特性関数であり,ほかの粘弾性量,たとえば複素弾性率,定常流粘度などもH(τ)で表現することができる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android