コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応力緩和 おうりょくかんわrelaxation of stress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応力緩和
おうりょくかんわ
relaxation of stress

応力弛緩ともいう。物体一定ひずみを与えてそのまま保持するとき,物体の応力が経過時間とともに次第に低下する現象で,粘弾性挙動を示す物体ではある特定の温度範囲で顕著になる。保持するひずみ γ0 が十分に小さいときには,ある時間 t における物体の応力 σ(t) は γ0 に比例し,σ(t)=γ0G(t) の関係式で表わされる。この G(t) は時間に対する単調減少関数で,過去のすべての負荷履歴に依存し,緩和弾性率と呼ばれる。また,応力 σ(t) が当初の応力 σ0 ( γ0 に相当する応力) の 1/e (約 36.8%。 e は自然対数の底) まで減少するに要する時間を緩和時間といい,緩和しやすさの目安にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

応力緩和

 粘弾性物体に急速に一定の変形を与えてそのまま固定した場合に,応力が時間とともにしだいに低下していく現象.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の応力緩和の言及

【レオロジー】より

…逆に,この高分子物質の固体に一定の伸びを与えて放置しておくと,時間の経過とともにその伸びを保つのに必要な力は減少してくる。この現象を応力緩和という。これも流動が起こることと対応している。…

※「応力緩和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

応力緩和の関連キーワードレオメーターレオロジー弾性学

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android