複素弾性率(読み)フクソダンセイリツ

化学辞典 第2版「複素弾性率」の解説

複素弾性率
フクソダンセイリツ
complex elastic modulus

線形粘弾性において,振動的な応力σ,ひずみγに対する弾性率を複素表示したものを複素弾性率という.すなわち,ひずみ

γ*γ0eiωt
に対する応力

σ*σ0ei(ωtδ)
の比

σ*/γ*G *
で表される(ωは周波数i 2 = -1,δは位相差角).複素弾性率 G *

G *G ′ + iG
と書いたとき,G ′を貯蔵弾性率あるいは動的弾性率,G ″を損失弾性率あるいは動的損失率とよぶ.また,

tan δ = G ″/G
の関係が成立し,tan δを損失正接という.粘弾性固体あるいは液体の粘弾性的性質を表すのに

G ′,G ″,tan δ
がしばしが用いられる.フックの弾性体では

G ″ = 0,δ = 0°
であり,ニュートン粘性体では

G ′ = 0,δ = 90°
である.粘弾性体ではその中間の値を示し,周波数に依存する.複素弾性率の逆数1/G *複素コンプライアンスである.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android