コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練(り)物/煉り物 ネリモノ

2件 の用語解説(練(り)物/煉り物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねり‐もの【練(り)物/×煉り物】

練り固めて作った装身具。珊瑚(さんご)や宝石に似せた飾り玉やプラスチック装身具など。
練り製品」に同じ。

ねり‐もの【練(り)物/×邌り物】

祭礼などのときに、町なかを練り歩く行列や山車(だし)など。おねり。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の練(り)物/煉り物の言及

【お練り】より

…神輿(みこし)などを中心とした祭礼行列や,仏事における菩薩の行道(ぎようどう)をいう。練物,邌物(ねりもの)などとも称す。祭礼行列には意匠を競った風流(ふりゆう)の山車(だし),屋台,山鉾,傘鉾,車楽(だんじり)などや,仮装の一団が付随する。…

※「練(り)物/煉り物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone