コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練(り)物/煉り物 ネリモノ

デジタル大辞泉の解説

ねり‐もの【練(り)物/×煉り物】

練り固めて作った装身具。珊瑚(さんご)や宝石に似せた飾り玉やプラスチック製装身具など。
練り製品」に同じ。

ねり‐もの【練(り)物/×邌り物】

祭礼などのときに、町なかを練り歩く行列や山車(だし)など。おねり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の練(り)物/煉り物の言及

【お練り】より

…神輿(みこし)などを中心とした祭礼行列や,仏事における菩薩の行道(ぎようどう)をいう。練物,邌物(ねりもの)などとも称す。祭礼行列には意匠を競った風流(ふりゆう)の山車(だし),屋台,山鉾,傘鉾,車楽(だんじり)などや,仮装の一団が付随する。…

※「練(り)物/煉り物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

練(り)物/煉り物の関連キーワードやまと人形御所人形衣装人形山王祭曾我祭お練り祭礼夏祭珊瑚雀踊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android