コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珊瑚 サンゴ

3件 の用語解説(珊瑚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐ご【××瑚】

サンゴ科サンゴ属の腔腸動物の総称。また、その骨軸。個虫が集まって樹状の群体をつくる。個虫が死んで石灰質の硬い骨軸が残ったものを装飾用に利用。日本にはアカサンゴモモイロサンゴシロサンゴがあり、ベニサンゴ地中海に産し、古くから知られる。真正サンゴ
広く、花虫綱の腔腸動物のうち、石灰質の硬い骨格をつくるものの総称。アカサンゴイシサンゴなど。コーラル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

珊瑚

鹿児島県、西平酒造株式会社が製造・販売する黒糖焼酎

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんご【珊瑚】

花虫綱八放サンゴ亜綱サンゴ科の腔腸動物の総称。シロサンゴ・アカサンゴ・モモイロサンゴなどがある。深さ100~300メートルの海底に多数のサンゴ虫(ポリプ)が集まって高さ50センチメートルほどの樹枝状の群体をつくり、個体が死ぬとその骨格だけが残る。この骨格を加工して装飾品を作る。古来、七宝の一に数えられる。暖流域に広く分布。六放サンゴ類の石サンゴ類や、ヒドロ虫類のギサンゴ類を含めていうこともある。
一般に、サンゴ虫の群体の骨格。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珊瑚の関連キーワード能楽論花・華・纏頭花岡花園町花田町花立天瓜(花)粉花(祝儀)花(能)《花》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

珊瑚の関連情報