縄打(読み)なわうち

精選版 日本国語大辞典の解説

なわ‐うち なは‥【縄打】

〘名〙
① 建築する敷地に縄を張って、境界や建物の位置を定めること。なわとり。なわばり。
※言経卿記‐天正一二年(1584)一〇月九日「禁裏、東柳馬場に院御所可立之由、縄打有之間、見物に罷向了」
※築城記(1565)「塀の縄打の時、犬ばしり一尺五寸をきて可然候。武者ばしりは三間計可然也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の縄打の言及

【検地】より

…言葉としては戦国期から使われたが,豊臣秀吉の太閤検地以来公用語として定着した。俗に竿入,竿打,縄入,縄打などともいった。土地人民の調査そのものは古代からあり,律令制下の田籍田図と戸籍計帳,荘園制下の検注や内検,鎌倉幕府の大田文(おおたぶみ)などがある。…

※「縄打」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android