コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言経卿記 ときつねきょうき

2件 の用語解説(言経卿記の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

言経卿記【ときつねきょうき】

山科(やましな)言経の日記。1576年(天正4)−1608年(慶長13)にわたるが,4年分を欠く。自筆原本35冊が現存し,東京大学史料編纂所蔵。言経は1585年に勅勘(ちょっかん)を被り京都を出奔,5年余を和泉・摂津に寓居した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ときつねきょうき【言経卿記】

山科言経の日記。1576年(天正4)より1608年(慶長13)に及ぶ。ただし天正5,6,8,9年の4ヵ年を欠く。自筆原本35冊が残っている。言経は1586年6月勅勘を被り,家族・一族とともに京都を出奔,5年余を摂津中島に寓居した。妻の縁からの興正寺の昵懇(じつこん)によるもので,91年本願寺,興正寺が京都に移転すると,言経一族も帰京して六条寺内に住んだ。徳川家康豊臣秀次からも扶持を受けたが,勅勘を解かれたのは1589年12月に至ってである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

言経卿記の関連キーワード北畠具教式年遷宮お泊まりデイ福井空襲浅野幸長安土城北畠北畠具教ザックス大久保彦左衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone