コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮合環式化合物 しゅくごうかんしきかごうぶつcondensed ring compound

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくごうかんしきかごうぶつ【縮合環式化合物 condensed ring compound】

2個以上の環が2個またはそれ以上の原子を共有して結合した化合物。ベンゼン環2個が縮合したナフタレン,3個が縮合したフェナントレンアントラセンなどが代表的である。3,4‐ベンゾピレンのように多数のベンゼン環が縮合したものには強い発癌性が認められている。さらに多くの環が縮合したものには電気伝導性があり有機半導体として注目されている。脂環式縮合環の最も簡単なものは2個のシクロヘキサンが縮合したデカリンである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

縮合環式化合物の関連キーワードイソキノリンメソ化合物グレーベ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android