縮合環式化合物(読み)しゅくごうかんしきかごうぶつ(英語表記)condensed ring compound

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくごうかんしきかごうぶつ【縮合環式化合物 condensed ring compound】

2個以上の環が2個またはそれ以上の原子を共有して結合した化合物。ベンゼン環2個が縮合したナフタレン,3個が縮合したフェナントレンアントラセンなどが代表的である。3,4‐ベンゾピレンのように多数のベンゼン環が縮合したものには強い発癌性が認められている。さらに多くの環が縮合したものには電気伝導性があり有機半導体として注目されている。脂環式縮合環の最も簡単なものは2個のシクロヘキサンが縮合したデカリンである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android