コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繁田常牧 はんだ じょうぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

繁田常牧 はんだ-じょうぼく

?-? 江戸時代前期の俳人。
京都の人。談林派田中常矩(つねのり)の門人天和(てんな)2年(1682)常矩の跡目をつぎ宗雅から改名し,京都俳壇の点者として活躍した。元禄8-10年(1695-97)に54-57歳で没か。姓は半田,伴田とも。名は和好。通称は庄左衛門。別号に蘭化翁,雲峰子。編著に「万歳楽」「冬こもり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

繁田常牧の関連キーワード俳人常牧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android