コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

談林派 ダンリンハ

百科事典マイペディアの解説

談林派【だんりんは】

江戸前期の俳諧(はいかい)の一流派。貞門に次いで現れ,宗因を盟主とする。貞門の保守的傾向の行きづまりを打破するため,字余り,奇抜な趣向,速吟などに走り,西鶴の矢数俳諧なども含めて,1680年前後流行したが,やがて漢詩文調の新風におされ,談林派から抜け出た芭蕉蕉風を確立するに至り,大勢はこれに移り衰滅した。
→関連項目大江丸蕉風俳諧百韻連句

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の談林派の言及

【宗因】より

…70年(寛文10)法雲禅師のもとで出家,連歌所宗匠の地位を一子宗春に譲ってからは,いよいよ俳諧に熱中した。彼の俳風は,万治期からの独吟百韻を集めた《宗因千句》に早くも顕在化するごとく,和歌・謡曲などの文句の奇抜なパロディ,句調の軽妙さ,付合(つけあい)の飛躍的展開などにおいて,おのずから貞門古風へのアンチテーゼをなしたため,貞門からは〈軽口(かるくち)〉〈守武(もりたけ)流〉など異端者呼ばわりされ,《西山宗因蚊柱百句(かばしらのひやつく)》(1674)に対して論難書《しぶうちわ》(1674)が出されたりした一方,貞門風にあきたらず新風を模索していた大坂の西鶴・惟中,京の高政,江戸の松意・桃青(芭蕉)など気鋭の新人たちから熱狂的支持を受け,談林派の盟主にまつりあげられた。《西山宗因釈教俳諧》(1674),《宗因五百句》(1674),《宗因七百韻》(1677)など,宗因の名を冠した俳書が続々刊行されたのは,その声望の表れである。…

※「談林派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

談林派の関連キーワード井筒屋庄兵衛(初代)笠家左簾(初代)近来俳諧風体抄菅野谷高政オランダ流檀林・談林談林十百韻大淀三千風三田浄久児玉好春斎藤如泉繁田常牧木畑定直鈴木清風田中常矩榎並貞因小西来山椎本才麿水田西吟谷口重以

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android