コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊維土器 せんいどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繊維土器
せんいどき

胎土中に植物繊維を混ぜた土器。胎土の粘性を押え,乾燥の際の亀裂を防ぐことを目的とし,縄文時代早期末から前期にかけて盛行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の繊維土器の言及

【縄文土器】より

…飛驒地方早期の押型文系土器様式では黒鉛を混入する。早期末から前期には,植物性繊維を混入したいわゆる繊維土器が全国的に行われている。また草創期の隆線文系土器様式には,動物性の毛髪とみられる混入がある。…

※「繊維土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繊維土器の関連キーワード水子貝塚胎土

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android