コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰り クリ

デジタル大辞泉の解説

くり【繰り】

糸などを繰ること。
(ふつう「クリ」と書く)謡曲の節の一。基本的な音の中では最も高い音階名。
(ふつう「クリ」と書く)謡曲で、曲(くせ)の序章にあたる、拍子に合わない謡の部分。初めのほうに必ず繰りの音を含む。
かんぐること。察し。
「女と云ふものは、―の深いもので」〈虎明狂・花子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くり【繰り】

〔動詞「繰る」の連用形から〕
察し。勘繰り。 「きやつは-の早い女ぢやによつて/狂言・花子 三百番集本
謡曲で、最も高い音階の名。また、その音を含む小段。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

繰りの関連キーワード巻き網・巻網・旋網差し矢・差矢絡繰り仕掛け打ち綿・打綿絡繰り仕掛勝野吉兵衛ローシルク絡繰り身上絡繰り時計絡繰り眼鏡絡繰り芝居絡繰り覗き機関芝居座繰り糸綿打ち弓10進数手繰り糸由もがな繰合す生皮苧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繰りの関連情報