コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

察し サッシ

デジタル大辞泉の解説

さっ‐し【察し】

察すること。おしはかること。「察しがいい」「察しがつく」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さっし【察し】

人の様子や表面上の言動などから本当の意図をくみとること。おしはかり。 「それだけ聞けば大体-がつく」 「 -のいい人」 「 -が早い」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

察しの関連キーワード不請・不承・不詳・不肖アルベール[1世]一を聞いて十を知る素袍落(素襖落)皆まで言うな磁石(狂言)嗅ぎ付ける蘇我安麻呂言葉を呑むイカリオス口裏を引く虎屋上総掾北斗七星京極高光文字改革思い遣る天武天皇比企能員安倍晴明思い遣り

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

察しの関連情報