コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花子 はなこ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

花子

ジャストシステムが販売しているグラフィックスソフト。フォトレタッチ機能とドロー機能をあわせ持っている。また、花子で作成した画像を一太郎で編集できるなど、一太郎との連携機能が特にすぐれている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はなご【花子】

狂言。座禅をすると言ってを遠ざけた男が、太郎冠者座禅衾(ざぜんぶすま)をかぶせて身代わりにし、愛人の花子のもとへ出かけていく。男が帰宅すると、衾の中に妻がいて、さんざんにしかられる。狂言最高秘曲の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

花子【はなご】

狂言の曲目。一夜の座禅と妻を偽って愛人花子のもとへ出向いた男が,身代りを頼んでおいた太郎冠者と妻が入れ替わっているとは知らず,昨夜の首尾小歌で語ってきかせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなご【花子】

狂言の曲名。女狂言。大蔵,和泉両流にある。洛外に住むある男は,先年東国に下ったとき美濃国野上(のがみ)の宿で花子という女となじみになった。花子は都の北白川に宿をとり,たびたび男に手紙を寄こすが,妻の目が光っているので会うこともままならない。ある夜,妻には持仏堂で一夜の座禅をすると偽り,太郎冠者に座禅衾(ざぜんぶすま)をかぶせて身代りとし,花子のもとへかけつける。やがて夫を見舞いにきた妻は,衾を取りのけて正体を見破り,太郎冠者に入れ替わって自分が衾をかぶり夫の帰りを待機する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はなご【花子】

狂言の一。男が妻に座禅をするとみせかけて、太郎冠者に座禅の身替わりを頼み、愛人の花子のもとへ出かける。妻はそれを知って冠者と入れかわる。帰宅した男は妻と知らずに花子との情事を語り、妻にさんざんいためつけられる。歌舞伎では「身替座禅」。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花子
はなご

狂言の曲名。狂言最高の秘曲とされ『釣狐』を披 (ひら) いたのち,この曲を演じることで狂言師の修業を一応終ったとされている。岡村柿紅により舞踊化され,『身替座禅』 (鷺流の曲名) として 1910年市村座で6世尾上菊五郎によって初演された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花子
はなご

狂言の曲名。女狂言。洛外(らくがい)に住む男(シテ)は、先年美濃(みの)国野上(のがみ)の宿でなじみになった花子が上京したので、嫉妬(しっと)深い妻をだまして会いに行こうと、近ごろ夢見が悪いから諸国行脚(あんぎゃ)に出たいというが許されず、一夜だけ邸内の持仏堂に籠(こも)ることを承諾させるのがやっとである。そこで、妻が見にきたときの用心に、嫌がる太郎冠者(かじゃ)に座禅衾(ざぜんぶすま)をかぶせて身代りにし、喜び勇んで出かけて行く。案(あん)の定(じょう)見舞いにきた妻は、窮屈そうな姿に同情し無理に衾をとり冠者と知って腹をたてるが、こんどは自分が衾をかぶり、夫の帰りを待ち受ける。そうとは知らず、夢見心地で帰宅した夫は、顔を見ては恥ずかしいからそのまま聞けと、花子の宿所を訪ねてから後朝(きぬぎぬ)の別れまでの一部始終を、妻の悪口まで交えて小歌で長々と語り尽くす。さて衾をとって驚く夫を妻が追い込む。
 濃艶(のうえん)な内容を上品に表現しなければならないところにむずかしさがあり、長々と舞いながら謡うことは体力的にも容易でないので、秘曲として扱われている。これを歌舞伎舞踊化したのが岡村柿紅(しこう)作『身替座禅(みがわりざぜん)』(常磐津(ときわず)・長唄(ながうた)掛合い)で、6世尾上(おのえ)菊五郎が1910年(明治43)東京・市村座で初演、家の芸「新古演劇十種」の一つに加えた。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

花子の関連キーワードジャストウィンドウトイレの花子さんジャストシステムそばかすの少年宮川大助・花子隅田川花御所染しょぼ濡れる愛をみつけた新古演劇十種此れの・是のぼじゃぼじゃ渡来るひか國貞亜花子吉高由里子物詣・仏詣マダム花子三露千鈴目付ける鈴木浩二赤羽菜々

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花子の関連情報