コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅国 らこく

大辞林 第三版の解説

らこく【羅国】

香道で用いる香木の一種。六国りつこくの一。名は暹羅シヤム国に由来するという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の羅国の言及

【香木】より


[六国五味]
 香木の名称については,伽羅木(きやらぼく),伽藍木(からんぼく),伽南木(かなんぼく),棋楠(きなん),奇楠(きなん)などと諸書に書かれているが,いずれも伽羅のことで,香木の佳品を総称する場合もある。16世紀天正ころの《建部隆勝筆記》,蜂谷宗悟《香道軌範》,さらに《山上宗二記》等には伽羅,羅国(らこく),真南班(真那蛮)(まなばん),真南賀(真那賀)(まなか)および新伽羅の名称が見え,これに佐曾羅(さそら),寸門多羅(すもんだら)を加えて6種に分類し,これを〈香の六国(りつこく)〉と称した。ただし貿易上は17世紀に入っても沈と伽羅の2名目のみが使用された。…

※「羅国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羅国の関連キーワード近江毛野(おうみのけぬ)イクミシ(亦黒迷失)チェジュ(済州)島ウルサン(蔚山)市都怒我阿羅斯等木屋弥三右衛門華厳宗祖師絵伝任那(みまな)火葦北阿利斯登ジャランダル蘇那曷叱知伽【や】山岩本 千綱荒木宗太郎葛城襲津彦駕洛国記五十猛神ジンコウ新羅明神朝鮮音楽

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅国の関連情報