コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅常培 らじょうばい

大辞林 第三版の解説

らじょうばい【羅常培】

1889~1958) 中国の言語学者。中国語の音韻・方言音・少数民族語を研究。著「漢語音韻学導論」「唐五代西北方言」など。ルオ=チャンペイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

羅常培【らじょうばい】

中国の言語学者。北京の人。北京大学教授。日中戦争中は昆明にいた。1950年中国科学院言語研究所長。著書厦門(アモイ)音系》《唐五代西北方言》《臨川音系》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らじょうばい【羅常培 Luó Cháng péi】

1899‐1958
中国の言語学者。字は莘田(しんでん),号は恬庵(てんあん)。北京生れの満州人。西安西北大学,厦門(アモイ)大学,中山大学,北京大学の教授を歴任,解放後は中国科学院語言研究所長となった。《厦門音系》《臨川音系》に代表される方言音研究,《漢語音韻学導論》《漢魏晋南北朝韻部演変研究》(周祖謨と共著)に代表される中国語音韻学研究,さらに少数民族語研究などの基礎をきずき大きな成果をあげた。【松尾 良樹】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

羅常培の関連キーワード歴史語言研究所ルオチャンペイ中国音韻学研究カールグレン十韻彙編ルオ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android