コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅常培 らじょうばい

3件 の用語解説(羅常培の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

らじょうばい【羅常培】

1889~1958) 中国の言語学者。中国語の音韻・方言音・少数民族語を研究。著「漢語音韻学導論」「唐五代西北方言」など。ルオ=チャンペイ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

羅常培【らじょうばい】

中国の言語学者。北京の人。北京大学教授。日中戦争中は昆明にいた。1950年中国科学院言語研究所長。著書《厦門(アモイ)音系》《唐五代西北方言》《臨川音系》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

らじょうばい【羅常培 Luó Cháng péi】

1899‐1958
中国の言語学者。字は莘田(しんでん),号は恬庵(てんあん)。北京生れの満州人。西安西北大学,厦門(アモイ)大学,中山大学,北京大学の教授を歴任,解放後は中国科学院語言研究所長となった。《厦門音系》《臨川音系》に代表される方言音研究,《漢語音韻学導論》《漢魏晋南北朝韻部演変研究》(周祖謨と共著)に代表される中国語音韻学研究,さらに少数民族語研究などの基礎をきずき大きな成果をあげた。【松尾 良樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羅常培の関連キーワード藤岡勝二イェルムスレウ言語学数理言語学トルベツコイバイイブルームフィールドマルティネヤコブソン博言学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone