コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾 まつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松尾
まつお

千葉県東部,山武市北部の旧町域。下総台地九十九里平野の接するところに位置する。 1898年町制。 1955年大平村,豊岡村の2村と合体。 2006年成東町,山武町,蓮沼村と合体して山武市となった。下総台地ではサツマイモを産し,養豚も行なわれる。九十九里平野には水田が広がる。トマトキュウリなどの園芸農業も盛ん。

松尾
まつお

岩手県北西部,八幡平市南西部の旧村域。八幡平の南東麓にあり,西は秋田県に接する。 1889年の野駄村,寄木村の2村と合体。 2005年西根町,安代町と合体して八幡平市となった。地名は近世以来の村名で,由来には諸説がある。硫黄と硫化粗鉱を産する松尾鉱山があり,1914年以来鉱山町として栄えたが,1972年閉山。八幡平岩手山観光の玄関口として知られる。岩手山を含む南部・西部一帯は十和田八幡平国立公園に属し,松川温泉藤七温泉がある。中央部には御在所温泉や八幡平スキー場などがある。藤七温泉近くに大揚沼 (おおあげぬま) モリアオガエルおよびその繁殖地があり,国の天然記念物に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

まつを【松尾】

長野の日本酒。酒名は、酒造りの神を祀る松尾(まつのお)大社にちなみ命名。純米酒は芳醇辛口の「信乃大地」をはじめ「白ラベル」「にごり原酒」「生原酒」「生詰」がある。ほかに純米大吟醸酒純米吟醸酒など。平成4、9、19、21、22年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に美山錦。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「高橋助作酒造店」は明治8年(1875)創業。所在地は上水内郡信濃町古間。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

松尾(まつを)

長野県、株式会社高橋助作酒造店の製造する日本酒。純米大吟醸「松乃尾」、純米吟醸「松牡丹」などがある。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まつお【松尾】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松尾の関連情報