コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅芳伯 らほうはく Luo Fang-bo; Lo Fang-po

1件 の用語解説(羅芳伯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅芳伯
らほうはく
Luo Fang-bo; Lo Fang-po

[生]乾隆3(1738)
[没]乾隆60(1795).ボルネオ
18世紀,西部ボルネオにおける華僑の有力者。広東省嘉応州 (梅県) 石扇堡のハッカ (客家) の出身。乾隆 37 (1772) 年海を渡り,西部ボルネオのポンティアナックに上陸して内陸へ入った。当時この地方には広東出身の中国人が多く住んで金の採掘に従事していたが,羅芳伯は人望を得て頭角を現し,勢力を拡大してマンドール地区を中心に蘭芳公司を創立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の羅芳伯の言及

【華僑】より

…彼らは自衛のため秘密結社を組織することが多かったが,これを基盤として大勢力を築いたものもある。早く18世紀シャムでトンブリー王朝を立てた鄭昭(ピヤ・タークシン),ボルネオのポンティアナで蘭芳公司(ランファン・コンス)と称する一種の共和国を立てた羅芳伯,19世紀マラヤのクアラ・ルンプルで独立政権を起こした葉亜来のごときがそうである。 19世紀には東南アジアだけではなく,西インド,アメリカ,オーストラリア,カナダ等へも中国人労働者の進出が行われた。…

※「羅芳伯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羅芳伯の関連キーワード朱昴之張宗蒼馮仙湜四庫全書乾隆窯三希《乾隆会典》乾隆御墨乾隆三大家乾隆石経

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone