人望(読み)ジンボウ

デジタル大辞泉の解説

じん‐ぼう〔‐バウ〕【人望】

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんぼう【人望】

他人から寄せられる信頼・崇拝・期待の念。 「 -を集める」 「 -のあつい人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐ぼう ‥バウ【人望】

〘名〙 ある人に対して、世間の人が尊敬や信頼や期待の気持を寄せること。人々が慕い仰ぐこと。
※本朝文粋(1060頃)七・為出雲権守藤原隆家請帰京状〈高階成忠〉「天譴俄臻、人望早背、病還更発、命已欲終」
※太平策(1719‐22)「仁賢の徳ある人に、人望帰して天下を一統す」 〔後漢書‐蔡邕伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人望の関連情報