人望(読み)じんぼう

精選版 日本国語大辞典「人望」の解説

じん‐ぼう ‥バウ【人望】

〘名〙 ある人に対して、世間の人が尊敬や信頼や期待の気持を寄せること。人々が慕い仰ぐこと。
※本朝文粋(1060頃)七・為出雲権守藤原隆家請帰京状〈高階成忠〉「天譴俄臻、人望早背、病還更発、命已欲終」
※太平策(1719‐22)「仁賢の徳ある人に、人望帰して天下を一統す」 〔後漢書‐蔡邕伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人望」の解説

じん‐ぼう〔‐バウ〕【人望】

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」
[類語]名望声望信望徳望衆望信用人気魅力受けしん信頼信任定評評判暖簾のれん覚え名誉名聞めいぶん面目体面面子メンツ一分いちぶん沽券こけん声価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「人望」の解説

【人望】じんぼう(ばう)

人々の期待。声望。〔後漢書、郎伝〕(上書)天統にらふときは、則ち災(さいせい)り、人(たが)ふときは、則ち行はれず。

字通「人」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android