コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊背岩 ようはいがんroche moutonnée

翻訳|roche moutonnée

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羊背岩
ようはいがん
roche moutonnée

氷河研磨作用によってなめらかな丸みを帯びた岩盤の突起群。羊の群れのようにみえるので羊群岩ともいう。表面には氷河の擦痕が残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羊背岩
ようはいがん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羊背岩の言及

【氷河地形】より

…基盤岩の突出部の下流側などのように局部的に生じた負圧部では,岩塊が下流側にもぎ取られ(プラッキングplucking),ごつごつした地形がつくられる。氷河によってつくられる小さな凸地形としては羊背岩roche moutonnée(フランス語。羊群岩ともいう),鯨背岩whaleback rockなど,凹地形としては擦痕溝や大きな樋(とい)のような形をしたグルーブgrooveなどがある。…

※「羊背岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

羊背岩の関連キーワード北ヨーロッパ氷河地形がん

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android