コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊背岩 ようはいがんroche moutonnée

翻訳|roche moutonnée

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羊背岩
ようはいがん
roche moutonnée

氷河研磨作用によってなめらかな丸みを帯びた岩盤の突起群。羊の群れのようにみえるので羊群岩ともいう。表面には氷河の擦痕が残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羊背岩
ようはいがん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羊背岩の言及

【氷河地形】より

…基盤岩の突出部の下流側などのように局部的に生じた負圧部では,岩塊が下流側にもぎ取られ(プラッキングplucking),ごつごつした地形がつくられる。氷河によってつくられる小さな凸地形としては羊背岩roche moutonnée(フランス語。羊群岩ともいう),鯨背岩whaleback rockなど,凹地形としては擦痕溝や大きな樋(とい)のような形をしたグルーブgrooveなどがある。…

※「羊背岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羊背岩の関連キーワード北ヨーロッパ氷河地形がん

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android