コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦痕 サッコン

デジタル大辞泉の解説

さっ‐こん【擦痕】

氷河が流れるとき、動いてゆく岩塊と底の岩盤とがこすれてできるすり傷。断層運動地すべりなどでできるものもいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さっこん【擦痕】

こすってついた傷痕。
断層運動や氷河の流動などによって、断層面や岩石の表面にできたすり傷。断層や氷河の運動方向を推定するのに利用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擦痕
さっこん

地表を形成している岩石や地層、河床礫(れき)、地層中に含まれている礫、転石などの表面に刻まれている条線や溝などの傷跡。岩石や地層の軟硬と、地表を崩落・流下・移動する崖錐(がいすい)、土石流、山崩れ、地すべり、泥流、流砂、氷河などの塊状運動、または断層変位や人為的作用などによって、地表の岩盤や堆積物(たいせきぶつ)中の岩塊や礫などに傷跡が生ずる。氷河性のものは氷河擦痕とよばれ、擦痕がある礫は擦痕石とよばれている。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

擦痕の関連キーワードアルフレッド ヘットナー伊豆の国(市)マウナ・ケア山擦文土器文化古気候指示物ヘットナー石ヘットナー伊豆の国市伊豆長岡真宮遺跡氷河地形氷河作用擦文土器火山岩尖羊背岩谷川岳断層面羊群岩幌尻岳氷食