羞月閉花(読み)しゅうげつへいか

四字熟語を知る辞典 「羞月閉花」の解説

羞月閉花

その美貌に対しては、月もはじらい、花も閉じる意。美しい女性をたとえていう語。「羞花閉月」とも。

[使用例] さっきの美人は、実に驚いたじゃーないか、あれが、なんだのう、馬琴小説などによくある羞月閉花というんだ[矢野龍渓*不必要|1907]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android