羞花閉月(読み)しゅうかへいげつ

精選版 日本国語大辞典「羞花閉月」の解説

しゅうか‐へいげつ シウクヮ‥【羞花閉月】

〘名〙 (その美貌に対しては、花もはじらい、月も隠れるの) 美しい女性をたとえていう語。羞月閉花。閉月羞花。
※奇想凡想(1920)〈宮武外骨〉絵画無落款論「羞花閉月(シウクヮヘイゲツ)の容顔矯態に接すれば、一見恍惚として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「羞花閉月」の解説

羞花閉月

その美貌に対しては、花もはじらい、月も隠れるの意。美しい女性をたとえていう語。「羞月閉花」とも。

[使用例] 羞花閉月の容顔矯態に接すれば、一見恍惚として[宮武外骨*奇想凡想|1920]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「羞花閉月」の解説

しゅうか‐へいげつ〔シウクワ‐〕【羞花閉月】

《花も恥じらい、月も隠れる意》容姿のすぐれて美しい女性をたとえていう語。羞月閉花。→沈魚落雁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例