コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義倉米 ぎそうまいyi-cang-mi; i-ts`ang-mi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義倉米
ぎそうまい
yi-cang-mi; i-ts`ang-mi

中国で凶作にそなえて平時より穀物をたくわえておく倉を義倉,穀物を義倉米という。,唐に始り,農民に課する地税を蓄積し災害にそなえた。明,清では富裕な層の寄付による運営がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の義倉米の言及

【義倉】より

…北斉のとき,均田農民1人につき5斗を供出させ,州県に蓄えて非常時に備えたのが始まりで,のちに義倉・社倉と呼ばれるようになった(584)が,農民の餓死や逃亡を防ぐのが真のねらいであった。隋では社(村落)ごとに設置され義倉米は富に応じて徴収されることが法制化された。唐では農地1畝につき2升の義倉米を徴収し,商人など農地をもたぬ者から九等戸の別に従って5石から5斗まで納めさせた。…

※「義倉米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義倉米の関連キーワード土屋泰直社還米

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android