平時(読み)へいじ

精選版 日本国語大辞典「平時」の解説

へい‐じ【平時】

〘名〙
① つねの時。ふだん。平常。
※玉葉‐承安元年(1171)七月二〇日「一時許而入滅〈亥刻許歟〉平時之間、転読妙経四千余部
※随筆・文会雑記(1782)附録「神祖、三成を縛せられて後、相見の時、平時の御あしらひと聞ゆ。人を殺すにもなど礼法のなかるべき」 〔陸游雪意
② 平和な時。戦争事変のない時。
※新聞雑誌‐二一号・明治四年(1871)一一月「さするときは余り平時に兵衆多にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「平時」の解説

へい‐じ【平時】

変わったことのない時。平常。ふだん。「平時体温
戦争や事変のない時。平和な時。「平時の備え」⇔戦時

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「平時」の解説

【平時】へいじ

ふだん。・陸游〔雪意〕詩 風吼(ほ)えて、江郊、濃(こま)やかなり は兩陣の雌雄を決するが如し 山くして酒、時の量をぎ (まど)くして書、日のを虧(か)く

字通「平」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android