コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義倉 ぎそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義倉
ぎそう

中国,朝鮮,日本で古くからおかれた備荒貯蓄のための倉庫,またその制度をいう。中国には,唐以来設置され,日本もこれにならって『養老令』に,9段階の戸の等級に応じて,粟 (ぞく) または雑穀をここにたくわえさせる規定があり,奈良時代には有用な施設であったが,のち衰滅した。江戸時代幕府,諸藩によりこの名の制度が復活し,特別賦課または義捐によって維持されたが,明治維新以後廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐そう〔‐サウ〕【義倉】

飢饉(ききん)に備えて穀類を蓄えておく制度。また、そのための倉。中国、代に始まり、日本では律令時代雑税の一種として収納、備蓄用に当てた。江戸時代の幕府・諸藩の特別課徴および義捐(ぎえん)による備荒貯穀をもいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

義倉【ぎそう】

中国や朝鮮,日本で干ばつ,凶作の際,窮民を救うために設けた非常米貯蓄制度。中国では隋の584年に設けられ,唐は628年以来1畝ごとに粟(ぞく)2升を徴収した。非常時には無償で放出したが,それ以外の時に流用されるようになり,唐代の後半から宋代には常平倉と合し,常倉と呼ばれた。
→関連項目飢饉郷倉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎそう【義倉】

凶作に備えて米穀を蓄えておく倉庫。中国や朝鮮,日本で行われた。中国の義倉は,まず均田制とともに発達し,租税同様に徴収され,積み立てられた米穀を,飢饉のさい無償で配給した。北斉のとき,均田農民1人につき5斗を供出させ,州県に蓄えて非常時に備えたのが始まりで,のちに義倉・社倉と呼ばれるようになった(584)が,農民の餓死や逃亡を防ぐのが真のねらいであった。隋では社(村落)ごとに設置され義倉米は富に応じて徴収されることが法制化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎそう【義倉】

凶年に備えて、貧富の差に応じて徴収された穀物の倉庫。また、その制度。中国隋代に始まる。日本では奈良・平安時代に設けられ、江戸時代にも幕府・諸藩で三倉の一つとして設置された。 → 社倉常平倉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義倉
ぎそう

中国で凶作の際、農民に食料と種子を支給するための貯蔵倉。社倉ともよばれた。隋(ずい)代の585年、25戸よりなる社に設けられ、社司(村役人)の管理のもとに、貧富の程度によって粟麦(ぞくばく)を納めさせたが、隋末に弛廃(しはい)した。唐初はこれに倣おうとし、628年、改めて1畝(ほ)(約544平方メートル)当り粟麦または粳稲(こうとう)(うるち)2升を徴する一方、田のない商人からも多くは応分の粟を出させた。のち、しだいに税化するにつれて州県に置かれて官吏がつかさどるようになり、財政不足のおりに流用され、ことに安史の乱に荒廃した。しかし憲宗(在位805~820)のとき復活が試みられた。宋(そう)代には両税法により税額1石につき1斗を課し、凶作のとき、種、食を給し、ついで貸付けも行った。しかし、商業都市が発達するにつれて、州・県・鎮など都市の近くのものが多くなり、県倉に納めることも許されたので、農村にはかえって少なくなり、農民の利用に不便となった。したがって義倉本来の機能よりは、都市近傍のもの、または都市民への貸付けが多くなり、北宋には置廃を繰り返した。遼(りょう)や元(げん)もこれを置いたが名のみで、金(きん)は置かず、明(みん)は社倉のみであった。清(しん)は初期から置き、公選の有力者や商人に運営させ、民間の寄付その他によったが、太平天国の乱に弛廃し、復活が試みられたが実効はあがらなかった。[青山定雄]
 日本では令制(りょうせい)下の各戸を貧富の差によって9等に分け、その等級に応じて一定額の粟(稲・麦・豆でもよい)を納めさせ、保管運用する制度。本来は凶作に備えて食糧を貯蓄し、必要に応じて困窮者に給付するものであったが、実際には毎年賦課される付加税となった。しかし奈良時代の農村で納税者の中核となるべき富裕者はごく少数で、大多数は救貧の対象となる貧窮者によって成り立っており、たとえば、現存する750年(天平勝宝2)の安房(あわ)国(千葉県)義倉帳によると、9等の基準にすら該当しない等外戸が全体の約80%を占めるごとくで、そのため、義倉の収支はつねに大幅な赤字とならざるをえず、平安時代になるとついに廃絶した。この制度は、江戸時代になってふたたび幕府や諸藩の備荒貯蓄として採用され、社倉・常平倉とともに三倉の一として復活した。[平田耿二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の義倉の言及

【囲米】より

…このほか米価対策として行われた囲米として,(1)幕領年貢収納量がピークに達した宝暦年間(1751‐64)に,諸大名にたいし1万石につき籾1000俵の囲置きを命じた例,(2)寛政(1789‐1801)初年に幕領農村に郷倉を設置したり,江戸・大坂に籾蔵を建てるなどして,農民・町人に貯籾を命じ,凶作時の夫食(ぶじき)・救米の備えとした例,(3)低米価に悩んだ文化年間(1804‐18)に,大坂の豪商に囲米を命じ米価引上げを図った例などがある。また備荒貯穀として独自な囲米制度を採用している藩も多く,水戸藩の常平倉,会津藩の社倉,米沢藩の義倉などは著名である。【大口 勇次郎】。…

【還穀】より

…〈還上〉とも言う。〈還穀〉の制度化は高麗初期(10世紀)に〈義倉〉を配置したことに始まり,李朝初期(15世紀)の〈社倉〉〈常平倉〉設置で全国的に完成した。しかしこれは凶年のみの臨時措置で,常設化されたのは1626年の常平・賑恤(しんじゆつ)庁設置からである。…

【義】より

…義はほかに公共性や慈善性を意味する場合がある。〈義倉〉(飢饉用の公共の米倉),〈義舎〉(旅人のための公共宿舎),〈義冢(ぎちよう)〉(無縁仏のための共同墓地),〈義荘〉(一族の貧者のための田地)などの語がそれをあらわす。また,〈義父(養父)〉,〈義児(養子)〉,〈義兄弟〉のような言葉もある。…

【飢饉】より

…ムギはイネや他の雑穀の収穫後播種し,イネや他の雑穀の端境期に入る旧暦4月ごろに収穫が行われ,イネやそれとほぼ同じ季節に成長過程をもつ雑穀がなんらかの気候不順によって打撃をうけても,その影響は受けなくてすむことから,救荒作物としてきわめて積極的役割を演じうる存在であった。アワは長期間の保存が可能なため,律令制度では義倉の基本的蓄えとされていた。710年代には夏作のアワと冬作のムギを兼ね植えることが奨励されているが,以後アワについては租税納入上,他の穀物に対する代替率の面で優遇策がとられ,ムギについては,飢饉が予想される際などに,青苗の段階で馬の飼料として売るのを禁止し,人の食用に確保しようとするなどの政策がとられている。…

【凶作】より

… 凶作に対する方策は,時代に応じて種々とられてきた。奈良時代から平安時代初期における穀物備蓄用の義倉,江戸時代の貯穀制度の発達はよく知られている。国,自治体,地元農家などの努力による大規模灌漑工事は,日本の干ばつによる凶作をほとんど消滅させた。…

【社倉】より

…中国や朝鮮,日本で凶年など非常のときに窮境を救うための米などを貯蔵しておく米倉。隋代にはじまった義倉は村鎮に設置され,無償で配給されたが,管理は一種の自治団体である社が行ったので,別に社倉と呼ばれた。宋代になって最も発達し,村落が管理する社倉と州県官が管理する義倉とがはっきり区別された。…

※「義倉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義倉の関連キーワード賦役令(ぶやくりょう)提挙常平茶塩司福井常右衛門囲米・囲籾忌部鳥麻呂喜連川煕氏久保木貞幸大分(県)河相周兵衛藤堂高兌水野元朗大戸直純石井盈比阿部正精浦上盛栄小南義方土屋泰直岡田明義安房国正税帳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android