コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義務教育諸学校施設費国庫負担法 ぎむきょういくしょがっこうしせつひこっこふたんほう

1件 の用語解説(義務教育諸学校施設費国庫負担法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義務教育諸学校施設費国庫負担法
ぎむきょういくしょがっこうしせつひこっこふたんほう

昭和 33年法律 81号。公立の義務教育諸学校の建物 (校舎,屋内運動場寄宿舎) の建築に要する経費について,国がその一部を負担することを定めた法律。この法律による国の負担割合は,原則として校舎などの新築または増築に要する経費については2分の1,構造上危険な状態にある建物の改築に要する経費については3分の1である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義務教育諸学校施設費国庫負担法の関連キーワード義務教育義務教育費国庫負担制度義務者退学義務教育標準法義務標準法教科書無償措置法韓国の学校教育制度学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法市町村義務教育費国庫負担法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone