公立(読み)コウリツ

  • おおやけだ・つ おほやけ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自タ四〙 表ざたになる。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「しかれどもこの事公(オホヤケ)だちては便なからん」
〘名〙 都道府県、市町村その他公共団体が設立、維持すること。また、そのもの。国立または私立と区別していう。
※明六雑誌‐六号(1874)宗教〈森有礼〉「ワッテル万国公法の内宗教を論する章(撮要)〈略〉已に其外顕公立する時は邦政に関する事務と為るなり」
※こども(1968)〈北杜夫〉三「公立の小学校は服装も自由で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公立の関連情報