コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義経袴 ヨシツネバカマ

デジタル大辞泉の解説

よしつね‐ばかま【×袴】

腰に白絹の紐(ひも)をつけ、裾口の括(くく)りに装飾的な組紐を通した源義経陣中で用いた鎧直垂(よろいひたたれ)の袴に似せたものという。江戸時代武士が旅行などの際に用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしつねばかま【義経袴】

白羽二重しろはぶたえの腰ひもを付け、裾に細いくくりひもを通した袴。江戸時代に武士が旅行の際などに用い、江戸末期には、兵士が調練などをするときに用いた。源義経が陣中で用いたということからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

義経袴の関連キーワード白羽二重絎け込む兵士調練

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android