鎧直垂(読み)よろいひたたれ

日本大百科全書(ニッポニカ)「鎧直垂」の解説

鎧直垂
よろいひたたれ

主として中世の大(おおよろい)の下に着る衣服として、正式には、小袖(そで)・大口(ばかま)の上に用いられた直垂である。基本的には、垂領(たりくび)の平常の衣服である直垂の袖をやや狭く仕立て、袖口と裾(すそ)口に(くく)り緒を入れたものである。初期に鎧下として用いられた水干にかわって、直垂がもっぱら軍陣用として用いられた鎌倉時代の所産であろう。すでに『蒙古(もうこ)襲来絵詞(えことば)』には、袖細などの特徴をもつ軍陣の直垂が描かれ、『平家物語』などにもみえる。南北朝時代以降『了俊(りょうしゅん)大草子』『随兵日記』『体源抄』などに鎧直垂の語はみえるが、また一般には単に直垂とも称されたのである。上下同色の場合は上下(かみしも)ともいう。

 機能を主としたものではあるが、また華麗さをも兼ねて、しだいに趣好を凝らしていった。すなわち、赤地(にしき)、紺地錦、蜀江(しょっこう)錦、綾(あや)、唐綾、長絹(ちょうけん)、練緯(ねりぬき)、縫物、目結(めゆい)、村濃(むらご)の類、あるいは片身替わりの意匠まであり、1334年(建武1)には、蜀江錦、金襴(きんらん)、紅染の類が禁制されるに至っている。このように鎧直垂は、中世の武人を大鎧とともに飾った華麗な武家専用の服制でもあった。現在、毛利(もうり)家伝来の、伝足利(あしかが)将軍家所用の桐(きり)紋の赤地の大和(やまと)錦の鎧直垂上下は、袖細で、四つの緒の括(くく)り、菊綴(きくとじ)しげく付け、腰紐(こしひも)は白練絹(しろねりぎぬ)で、その形状の典型を伝える資料である。

[山岸素夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鎧直垂」の解説

よろい‐ひたたれ よろひ‥【鎧直垂】

〘名〙 (「よろいびたたれ」とも) 軍陣に際して、鎧の下に着る直垂。錦、練絹(ねりぎぬ)、生絹(すずし)などで仕立て、袖口と袴の裾口に括(くく)り緒を通したもので、「四つの括り」ともいう。
※平家(13C前)四「源三位入道は、長絹のよろひ直垂にしながはをどしの鎧也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鎧直垂」の解説

よろい‐ひたたれ〔よろひ‐〕【×直垂】

軍陣に際して、鎧の下に着る直垂。錦(にしき)・綾・平絹などで仕立て、袖細で袖口と袴(はかま)の裾口に括(くく)り緒を通したもの。平安末期から中世に用いられた。ひたたれ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鎧直垂の言及

【直垂】より

… このように直垂は日本の公服の流れの中で,武家階級とその興亡を共にした服装,つまり武家を代表する服装であり,公家風から武家風,すなわち盤領形の衣から垂領形のものに移る最初に位するものとして注目に値する。直垂の一種に鎧直垂というのがある。これは鎧を着用する時に下に着るためのもので,形はだいたいふつうの直垂と変りはないが,籠手(こて)をつけたりする関係で袖たけが短く,また,袖口を引きしめるための袖括があり,袴の裾にも裾括がついている。…

※「鎧直垂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android