コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽尺地 はじゃくじ

大辞林 第三版の解説

はじゃくじ【羽尺地】

羽尺 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

羽尺地【はじゃくじ】

おとな用の羽織一枚を作るのに要する布地。並幅(約36cm)で,長さは大体9〜11mだが,かつて作られていた中羽織や茶羽織用は6m前後。絵羽織用の布地は裁断し仮仕立てをして市販されるので,普通羽尺地とはいわない。
→関連項目織物反物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

羽尺地の関連キーワード京鹿の子絞縮緬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android