コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並幅 なみはば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並幅
なみはば

織物の略で,最も一般的な幅の服地をいう。和服地では小幅ともいい,約 36cm (鯨尺9寸5分) のものをいう。古くから絹地のほか,さらし木綿,更紗などは,この幅が布地の基準となってきた。洋服地では1ヤール (約 91cm) のものをさす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

並幅の関連キーワード五幅布団・五幅蒲団四つ割り帯三幅・三布半幅・半巾二幅・二布ウール着尺名古屋帯四幅布団五幅布団三つ身おむつ木綿幅兵児帯羽尺地幅・布着尺地くじらしごき一つ身扱き帯

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android