並幅(読み)なみはば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並幅
なみはば

並幅織物の略で,最も一般的な幅の服地をいう。和服地では小幅ともいい,約 36cm (鯨尺9寸5分) のものをいう。古くから絹地のほか,さらし木綿,更紗などは,この幅が布地の基準となってきた。洋服地では1ヤール (約 91cm) のものをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なみ‐はば【並幅】

〘名〙 反物の普通の幅。九寸五分(約三六センチメートル)の幅。小幅。洋服地では一ヤール(約九一センチメートル)の幅をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android