コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並幅 なみはば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並幅
なみはば

織物の略で,最も一般的な幅の服地をいう。和服地では小幅ともいい,約 36cm (鯨尺9寸5分) のものをいう。古くから絹地のほか,さらし木綿,更紗などは,この幅が布地の基準となってきた。洋服地では1ヤール (約 91cm) のものをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

並幅の関連キーワード五幅布団・五幅蒲団四つ割り帯ウール着尺半幅・半巾二幅・二布三幅・三布名古屋帯四幅布団五幅布団幅・布くじら着尺地扱き帯三つ身しごき羽尺地一つ身兵児帯半幅帯おむつ

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android