老いの波(読み)オイノナミ

デジタル大辞泉「老いの波」の解説

おい‐の‐なみ【老いの波】

老齢になること。「年寄る」の「寄る」の縁で「波」を出し、また顔に寄るしわから波を連想した言い方。
「―磯額いそびたひにぞ寄りにける、れ恋しき若のかな」〈梁塵秘抄・四九〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android