老老(読み)ろうろう

精選版 日本国語大辞典「老老」の解説

ろう‐ろう ラウラウ【老老】

〘形動タリ〙 ひどく年を取ったさま。よぼよぼ。
※正法眼蔵(1231‐53)眼睛往往に老老大大なりとおもふも、渾身大なり、渾眼小なりと解会せり」
源平盛衰記(14C前)三一「景家が、老々(ラウラウ)としてに杖つき走出て」

おいおい‐し【老老】

〘形シク〙 年寄りめいている。古めかしい。古風である。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「御まへなる人『おひおひしきまねし給ふ、なにする』をくちひそむもしらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「老老」の解説

ろう‐ろう〔ラウラウ〕【老老】

[形動タリ]非常に年老いたさま。よぼよぼ。
「景家が母、―として」〈盛衰記・三一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android