コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古めかしい フルメカシイ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐めかし・い【古めかしい】

[形][文]ふるめか・し[シク]
いかにも古く感じられる。古風である。「―・い建物」
老人くさい。
「いと―・しき咳(しはぶき)うちして」〈・朝顔〉
[派生]ふるめかしさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるめかしい【古めかしい】

( 形 ) [文] シク ふるめか・し
〔動詞「ふるめく」の形容詞化〕
いかにも昔のものだと感じられる。古風だ。 「 - ・い寺院」 「 - ・いしきたり」
年寄りじみる。 「いと-・しきしはぶきうちして/源氏 朝顔」 〔類義の語に「古くさい」があるが、「古くさい」はすでに古くなっていて珍しさや新しさがない意を表す。それに対して「古めかしい」はいかにも古い感じがしてそれなりの価値があるように感じられる意を表す〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古めかしいの関連キーワードヘンリ ウイリアムスン酔いどれ草の仲買人シーポートビレッジアレオパゴス会議けんびきょう座ファンダンゴシアータイツゴシック小説方言周圏論争われない仰せられるシャビー如何でももそっと古色蒼然前時代的李夢陽どうで逢びき起きる

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古めかしいの関連情報