コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古めかしい フルメカシイ

2件 の用語解説(古めかしいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふる‐めかし・い【古めかしい】

[形][文]ふるめか・し[シク]
いかにも古く感じられる。古風である。「―・い建物」
老人くさい。
「いと―・しき咳(しはぶき)うちして」〈・朝顔〉
[派生]ふるめかしさ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるめかしい【古めかしい】

( 形 ) [文] シク ふるめか・し
〔動詞「ふるめく」の形容詞化〕
いかにも昔のものだと感じられる。古風だ。 「 - ・い寺院」 「 - ・いしきたり」
年寄りじみる。 「いと-・しきしはぶきうちして/源氏 朝顔」 〔類義の語に「古くさい」があるが、「古くさい」はすでに古くなっていて珍しさや新しさがない意を表す。それに対して「古めかしい」はいかにも古い感じがしてそれなりの価値があるように感じられる意を表す〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古めかしいの関連情報