古めかしい(読み)フルメカシイ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐めかし・い【古めかしい】

[形][文]ふるめか・し[シク]
いかにも古く感じられる。古風である。「―・い建物」
老人くさい。
「いと―・しき咳(しはぶき)うちして」〈・朝顔〉
[派生]ふるめかしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるめかしい【古めかしい】

( 形 ) [文] シク ふるめか・し
〔動詞「ふるめく」の形容詞化〕
いかにも昔のものだと感じられる。古風だ。 「 - ・い寺院」 「 - ・いしきたり」
年寄りじみる。 「いと-・しきしはぶきうちして/源氏 朝顔」 〔類義の語に「古くさい」があるが、「古くさい」はすでに古くなっていて珍しさや新しさがない意を表す。それに対して「古めかしい」はいかにも古い感じがしてそれなりの価値があるように感じられる意を表す〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふる‐めかし・い【古めかしい】

〘形口〙 ふるめかし 〘形シク〙 (動詞「ふるめく(古━)」の形容詞化)
① 様式・性格などが古いように感じられる。古風である。昔かたぎである。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「『そのわたりに』とか侍りつるは、あなふるめかしや」
② いかにも時代がたったことである。昔のことである。また、昔からのことである。古びている。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「いと涙がちにふるめかしき事どもをわななきいでつつかたりきこゆ」
③ いかにも年寄りじみている。老人くさい。
※源氏(1001‐14頃)朝顔「また、いとふるめかしきしはぶきうちして参りたる人あり」
④ 清新な魅力がない。陳腐である。
※蜻蛉(974頃)下「昨日のは、いとふるめかしき心ちすれば、きこえず」
ふるめかし‐げ
〘形動〙
ふるめかし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古めかしいの関連情報