コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐火時間 たいかじかんfire resistive period

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐火時間
たいかじかん
fire resistive period

耐火構造の性能の基準となるもので,通常の火災時の火熱に耐えるべき時間数をいう。建築基準法施行令第 107条では,建築物の最上階から数えた階数別,部位別 (柱,梁,床,壁,屋根) に3時間,2時間,1時間および 30分の耐火時間が定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の耐火時間の言及

【耐火建築】より

…このような計算値と経験に基づき,平均的な火災室の温度上昇を示すものとして,標準加熱温度曲線(図2)がある。
[火災継続時間と耐火時間]
 火災の継続時間は,室内にある可燃物の量(火災荷重)を,開口部の大きさから決まる燃焼量で割ることで推定可能である。一般的な条件では,室床面積当りの火災荷重50kg/m2で20~130分,100kg/m2で35~200分といわれており,この時間の間,部材が火熱に耐え,次項の条件を満たせばよい。…

※「耐火時間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耐火時間の関連キーワード金庫(容器、施設)防火構造耐火構造

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android